その他

 <弓手(ゆんで)>  
 左手。弓を握る手のこと。

 
 妻手(めて)>   
 右手。弽をつけて弦を引くほうの手のこと。


 押手>      
 弓手。武射系統ではこう呼ぶ。


 <勝手>       
 妻手。武射系統ではこう呼ぶ。


 取懸>    
 弽を弦に引っ掛けること。


 弓手の手の内>   
 弓を握る際の弓手の形のこと。


 妻手の手の内>   
 取懸した形のこと。

 
 <角見(つのみ  
 弓手親指の付け根のこと。ここを使って弓を押す


 引き尺      
 会で引いている長さのこと。-が小さい。-が大きい。といった形で使う。


 <基本体>      
 射を行うにあたって基本となる姿勢と動作のこと。


 <体配>       
 弓を引くにあたっての、射の運行や体の一連の動作、または射礼の事。

 <正坐>       
 膝を折ってそろえて、地面に座った形。


 <執弓の姿勢>   
 行射を始める前の基本的な姿勢。弓手と妻手を腰骨に合わせ、背筋を伸ばす。


 弦音>       
 離れたときの音。綺麗な方が良い。


 <跪坐(きざ)>   
 正坐の状態から足首を立て、腰を利かせた状態。


 膝を活かす>    
 弓を持っている側の膝を地面から浮かせること
 
回る向きと反対側の足をまず置き、それに垂直になるようにL字型に向かう側の足を出す。


 揖(ゆう)>    
 上体を約
10CM屈すること。呼吸に合わせて行う。


 <礼(れい)>    
 背筋を正しく伸ばし、腰を軸として上体を屈し、自然に下がる手が膝頭に付く位置まで礼をする。

  呼吸に合わせて行い、背中を丸めたり、首が折れてしまってはいけない。
  礼をする相手に対し恭敬、親愛の心を形にあらわすこと。


 角をきる>     
 歩行中の回り方。


 開き足      
 跪坐した状態から座ったまま回るときの体の運び方。
 腰を切り、両の膝頭をくっつけたまま、踵を90度に開き、体の向きを変えながら、 踵をそろえる。


 矢番え(やつがえ)>
 矢を弦にかけること。筈を弦に引っ掛ける。


 口割り      
 会で矢が口の端の高さにくること。


 <詰合い>      
 縦横の十文字を堅持し、左右均等に筋骨正しく張り合うこと。


 <伸合い>      
 会で気力を充実させること。


 <中り>       
 矢が的に中ること。


 <束中>       
 引いた矢が全部的に中ること。


 <皆中>       
 引いた矢が全部的に中ること。文化によってはこういうこともある。


 <白>        
 引いた矢がすべて的を外すこと。

 
 <残念>       
 引いた矢がすべて的を外すこと。→白






戻る