射法八節


 一、 足踏み      

 射法八節の一番目。
 射位にて的を脇正面に見て、的の一直線上に足を踏み出す動作。


 二、胴造り   

 射法八節の二番目。
 弓の本弭を左の膝頭に置き、右手を腰の辺りにとる。

 総体の重心を腰の中央に置き、心気を丹田におさめる。


 三、弓構え      
 射法八節の三番目。
 胴造りから、弽の親指を弦にかけ、中指で親指を押さえて人差し指を添える。


 
 顔向け(物見) 

 
首を回し、的を見ること。
 ※同好会では『顔向け』と呼ぶのが慣例


 四、打起し    

 射法八節の四番目。
 弓矢を持った左右の両拳を上に上げる動作。


 大三 ・・・ 押大目引三分一(おしだいもくひけさんぶいち)の略       
 
 打ち起こしから弓手を的の方向に押し開くこと。


 五、引分け     

 射法八節の五番目。
 大三から、弓を左右均等に引分けること。


 六、会       

 射法八節の六番目。
 引分けが完成された状態。狙いを定め、詰合いと伸合いを行う。

 
 七、離れ      

 射法八節の七番目。
 矢を放つこと。胸の中筋から左右に分かれるように離れる。


 八、残身(心)    

 射法八節の八番目。
 矢の離れた後の姿勢。


 弓倒し(ゆだおし)

 残身の後、弓を呼吸に合わせて倒し、物見を静かに戻し、足を閉じること。

                         
             ※なお、八節の説明は弓道教本第一巻を引用。

                     
                              第
43代目新人指導長 橋口隆史

    

戻る